最初はX10を2年くらい使っていて、X10の断線後はIE80を3年くらい使用。しばらくBA型カナルと無縁だったけど、地下鉄通勤で遮音性の悪さがずっと気にはなっていた。前はEDMばかり聞いていたが、アニソンを聴く頻度もかなり多くなったので、女性ボーカルがいい感じに聞こえるイヤホンが欲しくなり、再びBA型カナルに手を出すことになった。結果的にはWestoneのW40に落ち着いたが、若干遠回りをしてしまった。

最初、色々レビューを見ながら、中高音が良く出ると評判のUE900sを検討する。その後、UE900sとShureのいくつかだけを簡単に試聴して比較し(これが失敗だった)、UE900sを購入した。1ヶ月ほど外出時はA10直刺し、家ならHP-A3で音源ハイレゾから圧縮まで色々な楽曲で使用した。あれだけたくさん付いてきたイヤーピースも、しっくりくるものが一つもなかったためコンプライのTx200にしたのだが、どれだけしっかりフィットさせても、遮音性の高さはあまり感じられなかった。イヤホンの遮音性がどこから得られるかと言えば、どれだけイヤーピースが耳奥にねじ込まれるかであり、ハウジングもそれのしやすいものでなければいけないが、ue900sはそこまで耳に収まりのいい形状とは言えなかったし、何よりステム径が割とでかいので、コンプライの利点が生かせない(=耳の奥まで入らない)。

音質的には、かなりの中高音寄り。高音の解像度は普通。試聴時はクリアでいいなと思ったが、使い続けると高音の刺さりが怖くてあまり音量を上げられない。中音域はフラットに出るが特調のある感じではない。低音域は予想どおりあまり出ない。全く出ていないわけでもないが、目立たなくなるので、すべての楽曲が軽々しい印象になってしまう。無理やりEQで低音上げて聞いてみると、低い方の分解能というか、解像度はあまり良くないように思う。音場は、BA型ながら決して狭くはない。後でSR3にリケーブルして聞いてみたが、高音の広がりが若干良くなる程度で大きな変化はなかった。高音よりではあるものの、全体的に特調のない音であまり聴き疲れしないので、PCに繋いで普段使いにするには良いのではないかと思った(もはやBA型カナルである必要性がなくなっている)。正直デザイン以外あまり好きになれる要素がなかった。

ue900s

それで、また色々レビューを見て、割と真面目に試聴して、少なくともある程度低音の出るものを前提にイヤホンを探し、またド定番のW40を買った。付属のイヤーピースに粘土みたいな超低反発のイヤーピースが入ってて、それをつけたら最初気にしていた遮音性という目的はほぼ100%達成された。デザインがありえないほどダサいのは気にしないことにした。

w40blue
「いくらだと思う?」と同僚に聞いてみたが、4千円くらいだろうとの回答を頂いた。
その差10倍である。

イヤーピースは短いものから長いもの、細いものから太いものまであった。先に書いた粘土のようなものをしばらく使用していたが、耳が若干痛いのと使用後に若干気分が悪くなることが続いたため、素直にコンプライに変えた。遮音性は若干落ちるが、UE900sよりはかなりマシなレベルである。耳に差し込みすぎるタイプのものは人によって気分が悪くなるというが、三半規管に悪い影響があるのだろうか。

肝心の音質は、中低音寄り。中高音側は不快な音域を意図的に凹ましているような印象で、それ以外の場所は元気良く鳴り、これが音楽的にかなり心地よい。
高音は突き抜ける感じではなく、UE900sに比べればクリアさにはかけるものの、量は出ており、刺さる前くらいでとどまるような印象。中音域はある程度引っ込んでいる箇所があり、フラットではないが音に立体感が出ており、なおかつ情報量もかなり多いため不足感はほとんど感じない。低音域はBAにしてはかなり支配的で、量はD型のIE80に劣るとしても、質は明らかに上回っている。かなり綺麗な低音が出ていると思う。このイヤホンを通して聴くと、ボーカルがなめらかに聴こえるようになる。

単純に乗り換え前のIE80とW40で比較すると、圧倒的な低音は敵わないにしても、W40が各帯域でバランス良く鳴らしてくれるため、アニソンを聴くためのステップアップには丁度良い感じになった。さすがにD型のIE80では、中高域の情報量や音の厚みでW40に勝ち目がない。しかしdubstepみたいな音楽だと、低音のノリが全てみたいなところがあるので、さすがにBA型で聴くのは迫力に欠ける。あくまで女性ボーカルを対象にした話になるだろう。

w40sr3
SR3にリケーブルした。ほんの少し、高音の抜けが良くなった。
見た目も少しはマシになったように感じる。